【08/4/20 皐月賞】予想

【皐月賞(GⅠ)予想】 <中山・芝2000m>

☆ キャプテントゥーレ
▲ ダンツウィニング
△ ショウナンアルバ
△ マイネルチャールズ
-------------------------
△ レインボーペガサス
△ サブジェクト
△ タケミカヅチ

【枠順・脚質の有利不利/レースペース】
枠順による不利は特になし。
脚質は一応、追い込みは不利。
ミドルペースが予想されている。
【ポイント】
<大混戦牡馬クラシック第一弾>
<18番人気でも60倍程度という割れ方…>

<☆キャプテントゥーレ>
今年で唯一のターントゥ系×グレイソヴリン系という血統背景。
なお、この組み合わせの血統背景をもつ馬は
昨年皐月賞で4頭出走し、1・2・3着を独占した。
距離不安説もあるが、うまく先行すれば
ごまかしのきく程度だと思われる。
弥生賞で休み明けながら先行して4着に粘った。
ダービーはさすがに?なので陣営もココをとりに来るだろう。
あとは鞍上川田Jが思い切れれば!
叩き2走目、巻き返し期待!
<▲ダンツウィニング>
リファール系×ミスプロ系という血統背景。
道悪も構わないだろうし、スピード決着でも食い込めるはず。
ここぞの春のリファール系の血を見せることを期待。
中山2000も経験しているし、先行勢であり展開も向きそう。
鞍上は先週悔しい悔しい池添Jで、巻き返し期待。
<△ショウナンアルバ>
素質は絶大。それだけで枠不問で買う。
内枠であれば間違いなく上位だが、まさかの大外枠。
しかし蛯名J。うまくやりそう。
ミスプロ系で高速決着いけるし、母父のND系で道悪も。
勢いのあるウォーエンブレム産駒。
タイム的にも非常に優秀。
折り合いがカギ。
<△マイネルチャールズ>
言わずと知れた実績最上位馬。
中山2000mで三勝。
皐月賞に強いブライアンズタイム産駒で良し。
松岡Jも個人的に好き。
マークがきつくなることや、弥生賞→皐月賞連勝は
非常に厳しい道であることなどから、1人気では
本命にしたくない。
ただ、純粋に考えれば最有力か?
【馬券戦術】
三連単1頭軸マルチ90点(【☆】▲△△△△△)
枠連7点(6→1・2・3・4・5・7、8→8)
ワイド5点(▲→3・4・5・13・15)
複勝2点(ベンチャーナイン・ドリームシグナル)
夢三連単BOX6点【 9・14・16 】
-----------------------------------–
計:【 110 】点

No1ブログランキング!(趣味・ホビー/競馬/予想、理論)


カテゴリー: ☆レース公開予想 | コメントをどうぞ

【08/4/12 ニュージーランドT】予想

【ニュージーランドT(JpnⅡ)予想】 <中山・芝1600m>

◎ ロードバリオス
○ ゴスホークケン
▲ リーサムクラウン
△ アサクサダンディ
△ サトノプログレス
× スペシャルブレイド

【枠順・脚質の有利不利/レースペース】
枠順は内枠が断然有利。大外は死に枠。
脚質は一応、差し馬が優位。
ミドルペースが予想されている。
【ポイント】
<これまた豪勢なメンツ。2歳王者ゴスホークケンの始動>
<そろそろ当てたい「馬単」作戦…>

<◎ロードバリオス>
まず前走が、先行崩れの中踏ん張る強い内容。
マイルでは2戦2勝であり、持ち時計も優秀。
例年速い決着が目立つNZTにあって、好材料だろう。
また鞍上には中山重賞の鬼、蛯名Jを迎え期待大。
ESP無くスンナリ、先行集団に入れれば好勝負必至。
<○ゴスホークケン>
ここから始動の二歳王者。
もちろん同じ舞台でGⅠを勝っていて適正は問題ない。
朝日杯ではハナを奪いながらの上がり最速で
高速時計勝負を制した。問題なく有力視できる。
ただ、問題は「休み明け」と「外め枠」。
とは言え、鞍上強化で軽視はできない。
ハナは切れないだろうが、時計勝負は望むところ。
<▲リーサムクラウン>
時計的にも微妙で、近走はダート。
少々マイルは長い印象を受けるが、
血統的には問題ないし、好調タキオン。
中山でダート実績馬を狙うのは鉄板なので
抑えておきたい。好枠1枠にも期待できる。
<△1アサクサダンディ>
これまた前走は強いと感じた。
しかしどうにも勝ちきるまでに至らない感じがする。
「差し」で展開向くが、長くいい脚を使う感じなので
マイルでは届かずがありそうでここは抑えまで。
鞍上はアンカツで非常に怖いがここはアタマはないと読む!
<△2サトノプログレス>
中山マイルで2勝、2着1回と適正抜群。
前走は死に番16番から制し、力は十分。
中山マイルで手綱をとったノリJが鞍上なのも強味。
しかし、冷静に見て、持ち時計がイマイチ。
中山マイルが苦手であるタイキシャトル産駒であり
勝ちきるまでは怪しい。
ペースが落ちれば非常に怖いだろう。
<×スペシャルブレイド>
ダートも経験しているし、前走先行で勝利を収めている。
ダッシュ力のあるサクラバクシンオー産駒はNZTで時々くる。
1番の絶好馬番でロス無く回れば、
十分マイルにも対応できるだろう。
強気の騎乗できる川田Jで十分期待可能。
【馬券戦術】
馬単10点(◎・○→◎・○・▲・△1・△2・×)
◎の単勝&複勝
▲・×・注の単勝(注;ダンツキッスイ)
-----------------------------------–
計:【 15 】点


カテゴリー: ☆レース公開予想 | コメントをどうぞ

4/6 予想復習。

【大阪杯(GⅡ)結果】 <阪神・芝2000m>

1着 ダイワスカーレット (◎) 
2着 エイシンデピュティ
3着 アサクサキングス

--------------------—
4着 ドリームパスポート (▲)
5着 ブライトトゥモロー (×)
6着 メイショウサムソン (△)
8着 アドマイヤメイン (△)
10着 サンライズマックス (○)

【予想結果回顧】
<誰も競りかけず、Dスカーレットの独壇場。Mサムソンは終わった!?>
<◎ダイワスカーレット>
予想段階で、ほぼ鉄板と◎印を打ったが、やはりこの子は「別格」。
どの馬(ヴィクトリー、Aメイン)も競りかけず、
ハナを切るカタチになった前半で勝負は決したと言ってよいだろう。
ペースを握り、直線でAキングスにつかまえられたかに
見えたその瞬間、ムチに反応し二の足で突き放した(アンカツの
ムチ使いはAキングスも威嚇した職人芸)。
この子に楽々先行されては現時点で勝てる馬などいるのだろうか?
着差以上の完勝。
それだけにガチガチの先行有力馬と走らせてみたいところ。
<○サンライズマックス>
まったくの見せ場無し。
このメンバーでは確かにツラいとは言え、見込み違いか!?
坂コースでは狙えない。平坦コースで再度狙う。
<▲ドリームパスポート>
上がり最速。復調、つーか馬券対象になるのも近いだろう。
とは言え、Dスカーレットが握る流れを差し切ろうとするのは
まず不可能。Dスカーレットが先頭に立ったと見るや、
もうちょい好位につけるべきだった。4角7番手じゃ無理。
<△1メイショウサムソン>
軸にしなくて正解。
とにかく負け方が不可解。明確な理由が無い。
「次こそは…」精神論でいけるほど競馬は甘くないよ。
やっぱり厩舎のウデな気がするね。
天皇賞でも1着付けは絶対買わない。
<△2アドマイヤメイン>
ハナをきってこその馬。控えたらただの駄馬。
つーか…もう終わった…?
Dスカーレットに競りかけてレースを面白くして欲しかった。
<×ブライトトゥモロー>
この子は強いと思うね。これからも注目。
直線向いたときに完全にMサムソンより良く見えた。
ただ、あれでいてDスカーレットと上がり同タイム。
Dスカーレットの強さがよくわかる。
差が全く縮まらないんだからね!笑
<エイシンデピュティ>
これは岩田Jのファインプレー&展開利でしょう。
スタミナ不足から買わなかったが、
今回は収支内を通る経済コース。そしてDスカーレットのつくる
そう早くはないペースにうまく乗った感じ。
「距離たりるじゃん」と思うのは早計。
ただ、岩田Jの馬は素直に買おう…苦笑
<アサクサキングス>
先行のまま、なだれこみ。
トップハンデでよく頑張ったと言えなくもないが、どうなんだろう?
上がりは特に目だっていない。
アンカツのムチにひるんだようにも見えたが、逆にDスカーレットを
つかまえかけたように見えたのはこの馬だけ。
休み明けだし、菊花賞馬。春天では有力か。


カテゴリー: ★レース回顧/復習 | コメントをどうぞ

【08/4/6 大阪杯】予想

<祝・200アクセス。ばんざーい太陽>
【大阪杯(GⅡ)予想】 <阪神・芝2000m>

◎ ダイワスカーレット
○ サンライズマックス
▲ ドリームパスポート
△ メイショウサムソン
△ アドマイヤメイン
--------------------—
× ブライトトゥモロー

【枠順・脚質の有利不利/レースペース】
枠順は少数数なので特になし。
脚質では追い込み不振。
スローペースが予想されている。
【ポイント】
<GⅠ並みのメンツがゴロゴロということで少数頭>
<もちろん買い目は少なく、「馬単」で>

<◎ダイワスカーレット>
連帯率100%の最強牝馬に期待。
確かに古馬になってからの牝馬は突如崩れたりする(ヒシアマゾン)。
しかし、有馬記念で見せた距離の壁撃破や、3番手以内にいながら
33秒台の脚を繰り出すこの子ははっきり言って「別格」。
確かにここで崩れたら再考の余地はあるが、
現時点では連は外さないはず。距離も短くなり、調教の動きもいい。
馬なりで先週のFリシャールを子供扱いしていた。そのFリシャールが
GⅠ高松宮記念でいい競馬をしたのだから、ここは当然勝ち負け。
<○サンライズマックス>
ここで○印にサムソンに推すようなら、このレース何の妙味も無い。
秋から三連勝の昇り竜に期待。休み明けが不安だが、
三連勝は長期休養明けの一戦から始まったし問題ないだろう。
一番の心配は斤量だ。一気に53→57だが、牡馬最軽量である。
相対的な目で見れば、斤量では優位。素直に能力に期待。
母父に流れる春のリファールの血にも期待できる。
<▲ドリームパスポート>
素質馬復活なるか。
人気先行型なので軸にはできないが、素質は誰もが認めるところ。
前走の京都記念では0.2差と復調を感じさせた。
松岡騎手は調教に関して良いコメントを発していないが、どうだろう。
このレースに強い母父に流れるグレイソヴリンの血。
斤量もこの子の素質を考えれば恵まれている。復活期待。
<△1メイショウサムソン>
言わずとしれた前年の覇者でGⅠ4勝馬。
しかしどうもコイツは信頼できない。有馬記念の不可解な惨敗…。
そして大阪杯を制したのも転厩前のことであるし、
現厩舎の調教が下手な可能性だって捨て切れない。
昨年も辛勝であったし、本命に推せるほどの要素は無い。
勝てる素質はあるが、2着まで。馬券的にもそれがいい。
<△2アドマイヤメイン>
謎の大口買いが入り、一時1人気になった馬(現9人気)。
これは問答無用でクサい!笑
クラシックでは大活躍した馬で、何かキッカケをつかめば
素質満点な馬だけにますます怪しい…
ハナをきるそうで、ペースを落とし込めば逃げ切り・粘りこみあり得る。
サラブレ穴ぐさ馬。
<×ブライトトゥモロー>
ブービー人気だが、休み明けの有力馬が多い中、一回叩いている。
母父にはグレイソヴリンの血。
このコースで重賞連対実績もある。
最後方からでは厳しいが、やや後ろくらいからなら届いても。
台風の目となれるか。
サラブレ穴ぐさ馬。
【馬券戦術】
馬単10点(◎・○→◎・○・▲・△1・△2・×)
△2・×・注の単勝(注:インティライミ)
-----------------------------------–
計:【 13 】点


カテゴリー: ☆レース公開予想 | コメントをどうぞ

3/30 予想復習。

【高松宮記念(GⅠ)結果】 <中京・芝1200m>

1着 ファイングレイン 
2着 キンシャサノキセキ (△)
3着 スズカフェニックス

--------------------—
4着 ローレルゲレイロ (○)
8着 ブラックバースピン (▲)
10着 プレミアムボックス (◎)
12着 ペールギュント (△)
13着 プリサイスマシーン (×)

【予想結果回顧】
<衝撃の最速決着。故障馬2頭で、馬への負担は絶大>
<◎プレミアムボックス>
時計勝負はマイナスではないはずだ。持ち時計もかなり優秀であった。
しかしまったく見せ場なし。
直線でも大した不利も無いのに伸びず。
正直な感想としては、力が足りていない。以降、買うこともなさそう。
オーシャンS組はなかなか勝てないなあ…
<○ローレルゲレイロ>
こちらは時計勝負はマイナス。
持ち時計ははやくないため、ペースを落としてこその馬であったが、
この高速決着の中でよく粘りこんだ。自身の持ち時計も大幅更新。
しかし、馬に負担がないわけがなく、故障で安田記念も絶望。
次も買いたかっただけに残念。
<▲ブラックバースピン>
発走時刻あたりでようやく雨が…という感じで無念。
そして直線で完全に前がふさがれた感じで、不完全燃焼か。
パワー馬場ならまだまだ見限れないはず。
<△1ペールギュント>
好位につけていたが、直線半ばでスズカPに前をふさがれそのまま終わり。
好位につけていただけに残念。
電撃スプリントなだけに一度でも不利を受けると致命的だな。
予想しがいの無いこった。
<△2キンシャサノキセキ>
強いね。さすが岩田。ベストポジションではなかろうか。
抜け出たFリシャールを直線でとらえて先頭へ。
Fグレインの急追に屈したが能力は十分。距離もぴったし。
あとこの馬は「左回り」ではかかりにくく、素質発揮できる模様。
<×プリサイスマシーン>
大外ぶん回しでロスがあったとは言え、直線もまったく伸びずの見せ場無し。
もう年だね…悲しいけど、もう買える余地はないようだ…
<ファイングレイン>
三連勝で戴冠となった。
この馬も強いね。自身の持ち時計がショボい中、この最速決着で差し切り。
台頭できるレースの幅が一気に広がった感じ。
そして幸は爽やかだね~笑
直線でも前がスパッと開き、なんつーか完勝。
ただ、目に見えていないが、馬の体への反動は相当なはずだが…?


カテゴリー: ★レース回顧/復習 | コメントをどうぞ

3/29 予想復習。

【毎日杯(JpnⅢ)結果】 <阪神・芝1800m>

1着 ディープスカイ (◎)
2着 アドマイヤコマンド (▲)
3着 ミダースタッチ

--------------------—
5着 ロードバリオス (△)
7着 マイネルスターリー (△)
10着 サブジェクト (△)
12着 ロスペトリュス (×)
13着 リヴザルト (○)

【予想結果回顧】
<予想と裏腹に、先行総崩れの差し脚炸裂>
<◎ディープスカイ>
好位からの一気の差し脚を披露し、直線で他を圧倒した。
かなりの高速決着で展開も向いた。
次は皐月賞を回避し、NHKマイルCに向かう模様。
<○リヴザルト>
今回は全くの用無し。見せ場皆無。
上がりのかかる展開でなければ台頭不可能。
<▲アドマイヤコマンド>
よく頑張った。ただ、切れるというよりはズブい。
新馬から時計を2秒も縮めており、反動が心配。
次は抽選通過できれば皐月賞。
<△1マイネルスターリー>
直線入り口で先頭を伺うも、以降伸びをまったく欠く。
明らかに前に位置しすぎの騎乗判断ミス。
<△2ロードバリオス>
負けて強し。
先行総崩れの中、ふんばった。展開向けば台頭十分。
<△3サブジェクト>
洋梨。かなりの洋梨。てか弱い…
以降、時計のかかる馬場以外では買わない…つもり。
<×ロスペトリュス>
好位につけるも、直線の攻防でおしこめられ、加速できず。
スタミナが足りていない印象。長いか?
<ミダースタッチ>
いの一番に買い目から消した馬。。。笑
しかし実は新馬戦でこのコースを走って3着。
スローで前に残られたのに追い詰めたという内容。
そしてマゼランを下している。
……買えたな~。。。


カテゴリー: ★レース回顧/復習 | コメントをどうぞ

【08/3/30 高松宮記念】予想

【高松宮記念(GⅠ)予想】 <中京・芝1200m>

◎ プレミアムボックス
○ ローレルゲレイロ
▲ ブラックバースピン
△ ペールギュント
△ キンシャサノキセキ
--------------------—
× プリサイスマシーン

【枠順・脚質の有利不利/レースペース】
枠順は特になし。
脚質では例年差し追い込み優位だが、今年は芝状態良好で、謎。
ミドルペースが予想されている。
【ポイント】
<予想ムズすぎて全く絞れない。時間の無駄。逆に買い目少数で軽くいく>
<1人気スズカPをアタマはないと予想して馬単狙い>

<加えて天候も微妙。困ったときの騎手頼み…笑>
<◎プレミアムボックス>
のど鳴りの手術後、着実に勝ち星を重ね、重賞制覇。
この過程は厩舎の先輩ダイワメジャーと同じ。ここは期待。
連勝傾向の強いアドマイヤベガ産駒で、持ち時計も優秀。
左回りに不安が残り、若手の吉田隼人騎手をどう見るかだが、一発を期待。
過去高松宮記念連対の無いオーシャンS組ではある。
そしてデビル奈々ちゃんのご指名馬でもある…。
あれ?「◎」でええんか!?笑
<○ローレルゲレイロ>
「◎」でも構わない。ただ、穴党なんで「○」で笑
スタースプリンター不在の電撃界において、
距離短縮という臨戦過程は非常に有効。
今年は芝も良好で逃げ粘り期待できる。
そしてなんといっても春のリファール系、キングヘイローの仔。
父仔制覇を期待!
鞍上も四位Jで、短距離苦手とは言え、
ドバイ組不在の中では主役をはれるはず。
<▲ブラックバースピン>
馬場が渋れば台頭は十分に考えられる。
このコースでは重賞勝ちもあり、左回り巧者でもある。
血統はよくわからないが、鞍上は信頼抜群中館J。
中京の彼を切るなんてことはできません。
<△1ペールギュント>
昨年2着で波乱演出の立役者。
戦績はパッとしないが、フロックとは思えない。
メンバー中最速の持ち時計であり、母父には春のリファール。
父はサンデーサイレンスで、血統背景からは激走可能性十分。
調教も良く、鞍上は「?」だが、2着を期待する。
<△2キンシャノキセキ>
この馬はよくわからない笑
ムラがあって軸にはできないが、気性面からも距離短縮は好材料か。
この馬に関しては、完全に岩田J頼み。
日本一だと思う彼のお手並み拝見といく。
<×プリサイスマシーン>
穴をあけると言えば松岡J。
三年連続の高松宮記念(4着→3着→今年)。
中京にも実績があり、ブービー人気となるような馬ではない。
高齢馬の台頭著しい今年、最後の花を咲かせてくれ。
【馬券戦術】
馬単12点(◎・○→◎・○・▲・△1・△2・×・スズカ)
夢の三連単BOX【 4 – 7 – 15 】の6点


カテゴリー: ☆レース公開予想 | コメントをどうぞ

【08/3/29 毎日杯】予想

【毎日杯(JpnⅢ)予想】 <阪神・芝1800m>

◎ ディープスカイ
○ リヴザルト
▲ アドマイヤコマンド
△ マイネルスターリー
△ ロードバリオス
△ サブジェクト
--------------------—
× ロスペトリュス

【枠順・脚質の有利不利/レースペース】
枠順は特になし。
脚質では逃げ不利。差し追い込み優位。
スローペースが予想されている。
【ポイント】
<昼の時点でオッズ10倍以下が8頭と大混戦>
<◎ディープスカイ>
芝1800mでの安定感は抜群。
非常に切れる脚をもっているタキオン産駒で、コース・展開ともにピッタリ。
去年の勝ち馬ナムラマースと同じくチーフズクラウンの孫であり死角は特に見当たらない。
馬券的に相性の悪い四位騎手だが、この騎手群の中ではさすがに上位か。
<○リヴザルト>
唯一の関東馬。南半球産。
毎日杯は関東馬参戦が少なく、参戦してくれば馬券に高確率で絡む。
ここは勝負がかりか。スタミナがあり、切れ味もそこそこ。
斤量が2kg有利で「◎」も考えたが、騎手が柴山で若干見劣り。
期待の一頭ではある。
<▲アドマイヤコマンド>
前走みる限り間違いなく素質はあるが、タキオン産駒ということで新馬勝ちだけで過信は禁物。
先週のハイエストホワイトの例もあり、キャリア1戦での重賞挑戦はどんな素質があれ割引き。
ただ、阪神外回り1800m・Sペースは、切れるタキオン産駒向き。
<△1マイネルスターリー>
芝1800mを走り続け、距離は適当。
切れる脚ももっており、阪神外回りに強いグレイソヴリン系の血をもつ。
そしてさらに今回はウチパクを確保しており、勝負がかりだろう。
<△2ロードバリオス>
芝1600mしか走ったことがないが、ブライアンズタイム産駒で距離はいけそう。
スローペースや開幕週の芝を味方にできれば、先行押し切りはありえる。
騎手は岩田で好騎乗期待可。
<△3サブジェクト>
前走惨敗しているが、腐ってもラジオNIKKEI杯勝ち馬。
先週も見限ったフローテーションにやられたし…。
ラジNI杯は芝2000mであったし、スタミナはOK。
ただ、切れ味が足りない印象。
藤岡騎手は特に問題なし。
<×ロスペトリュス>
芝1800mで連帯率100%だが、スタミナのいる阪神外では不安。
ただ、芝1800mで見せた切れ味は秀逸。
サラブレ穴ぐさ指名馬。
【馬券戦術】
7頭ワイドBOX21点。
三連単BOX【2-8-13】
←人気割れてるためほぼ万馬券なんで。


カテゴリー: ☆レース公開予想 | コメントをどうぞ

2008年 年間収支表

みなさん、こんにちは。わざわざ訪問本当にありがとうございます
もしよろしければ応援ポチ↓↓どうかお願い致します。。。
喜びます。。☆ 予想精度もあがります。。☆笑

 
これからもよろしくお願いします。。☆

------------------------------------------------------------—
☆2008年 年間収支表 (競馬歴1年目太陽
■年間TOTAL
回収率【 73 %】
■G1戦績 ( 4レース勝ち / 22レース )
【 × 】 フェブラリーS
【 × 】 高松宮記念
【 × 】 桜花賞
【 ◎ 】 皐月賞
【 × 】 天皇賞・春
【 × 】 NHKマイルC
【 ◎ 】 ヴィクトリアマイル
【 × 】 オークス
【 × 】 日本ダービー
【 ◎ 】 安田記念
【 × 】 宝塚記念
【 ○ 】 スプリンターズS
【 × 】 秋華賞
【 × 】 菊花賞
【 ○ 】 天皇賞・秋
【 ◎ 】 エリザベス女王杯
【 ○ 】 マイルCS
【 × 】 ジャパンC
【 × 】 ジャパンCダート
【 × 】 阪神JF
【 × 】 朝日杯FS
【 × 】 有馬記念
◎ … 的中&プラス収支
○ … 的中もプラスならず
× … ハズレ
------------------------------------------------------------—
★みなさん、これからも当ブログをよろしくお願い致します。★
↓よろしければクリックお願いします。本当に励みになります(>_<)↓
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村↑よろしければクリックお願いします。本当に励みになります(>_<)↑


カテゴリー: 年間成績表(2008年~) | コメントをどうぞ

3/22 予想復習。

フラワーCは残念。
直前で消したレッドアゲートにやられましたね。
ひっかけたのが◎ブラックエンブレム-△シングライクバード(1-2人気)とあって250円のみ笑
しかしワイド戦法は損失も少ないから気持ちが楽です!笑
そして若葉Sで、ダンツウィニング軸で馬単6点勝負をしたらこれがなんと的中!笑
馬単初購入初的中でしかも8500円もついて、ラッキー☆
というわけで本日は、プラスをフラワーカップ前に決めたわけでした笑
春のリファール系はアツい!
◎ ブラックエンブレム (→1着
○ カレイジャスミン   (→6着)
▲ アロマキャンドル   (→10着) 
△ シングライクバード (→3着
△ ハイエストホワイト  (→8着)
△ スペルバインド    (→13着)
--------------------—-
× ビービーモデナ   (→9着)
んー。
とりあえず、△スペルバインドはやはり「切る」べきだったな、と。
中一週で輸送込みの-10kgではやはり厳しいんですね。
全てを考慮しても、陣営が強硬に挑戦してきたのだから「買い」かなと思ったんですが。
まだ若い牝馬。厳しいローテでは勝つ要素は無いか
いい勉強になりました。
スペルが切れていたら、レッドアゲートかスペシャルディナーを入れる予定だった。
終わってみれば追い込んで来た馬も届いている。
△シングライクバードは素晴らしい脚を使ってよく届いた。距離延長でさらに良。
Sペースで先行有利のはずが、○カレイジャスミンは残れず、か。
ただ、5着から10着までは0.1秒の中に入っており、差はないと言えそう。
△ハイエスホワイトは結局飛んだ。
稽古時計は無駄に出るタイプか。
崩れたタキオン産駒を次走買うつもりはない。勝つまで静観。
しかし競馬関係者ってのはアテにならないね
総じて高評価のこの馬がこれですか。
▲アロマキャンドルはまさかの「逃げず」
某掲示板では三浦君への批判が…笑
んー確かに。やはり三浦くんは重賞勝つまでは買えないかなあ…。
無印の4着馬マイネウインクはなかなかシブトイ馬。
切れ味よりパワー必要な馬場で「買い」。
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村


カテゴリー: ★レース回顧/復習 | コメントをどうぞ