複勝厳選馬 REBORN vol.0

みなさん、こんにちは。わざわざ訪問本当にありがとうございます
もしよろしければ応援ポチ↓↓どうかお願い致します。。。
喜びます。。☆ 予想精度もあがります。。☆笑


これからもよろしくお願いします。。☆

------------------------------------------------------------—
昨年、ギャンブル統計学の本を読みました。
そこにはギャンブルで勝つ方法が記されていました。
まず知っておかなければならないこと。
それは漫然と本命サイドの馬券を買い続ける限り、
回収率は75%に近付いていくのです。
JRAが胴元としてとっている控除率25%の壁は厚いのです。
ちなみにカジノルーレットの控除率は5%
バカラにいたっては控除率1%です。
ギャンブルの中で競馬は控除率が極めて高く、
要するにプレーヤーに圧倒的不利なゲームなんです。
つまり勝つのはほぼ無理。
勝ちたいなら別のギャンブルに挑戦しろということです。
ただ、勝ちうる方法がひとつあります。
それは、、、、大穴を狙い続けること。
穴を狙うということは非常に振れ幅の大きいギャンブルの賭け方で、
つまり一発ホームランを狙うということです。
それをすれば、運が良ければ控除率の壁を越えられます。
そうしない限り、控除率の壁はまず越えられない。
なんとなくイメージはわかりますよね。
つまり昨年一時期実践していた複勝大勝負は
典型的な「ギャンブルで負ける方法」なわけです。
ただ、あえてもう一度挑戦してみたい。
複勝勝負で儲けを出すことは無理なのでしょうか?
競馬の魅力。
それは確率に支配されることがなく、
自身の頭を使って理論的に予想を組み立てられることです。
しっかりした予想をいつも立てられれば、プラスも有り得るはず。
2011年の上半期で実践してみます。
なんとなくやっても意味ないので、以下の規律を定めます。
*妙味は一切追求しない。的中率のみを追求する。
*3着には来るであろう、ではなく、勝つであろう馬を選ぶ。
*勝負レースはマイル以上とする。
これは1400m以下ではスタートでほぼ決まってしまう
要素が大きくなるからである。
*個人的に、大金を預けるに値しないと思う騎手には賭けない。
*持ち時計やラップタイムを必ず見る。
派手なレースぶりや評判に幻惑されないようにするためである。
*可能な限り、馬体重の変動を見てから賭ける。
馬体重が大きく増減した馬には、基本的に賭けない。
*勝負レースは下級条件(未勝利戦or500万下)に限る。
将来のG1馬と、勝ちあがれず登録抹消になる馬が共に走るのが未勝利戦。
ブエナビスタだって新馬戦で負けて、未勝利戦で複勝1.1倍ついている。
つまり、最も力量差が存在するレースが未勝利戦ということになる。
ただ、3歳未勝利戦になると、万年未勝利組がプールされてきて、
しかも人気になる。メンバーのレベルが低調すぎて逆に予想しづらい。
*血統、調教タイムにも目を通す。
*枠順、展開もしっかりと加味する。
馬体重にも目を通すため、賭けるかどうかは直前まで不明です。
そのため、このコーナーの記事はすべて事後報告・回顧になります。
------------------------------------------------------------—
★みなさん、これからも当ブログをよろしくお願い致します。★
↓よろしければクリックお願いします。本当に励みになります(>_<)↓
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村↑よろしければクリックお願いします。本当に励みになります(>_<)↑


カテゴリー: 複勝戦術   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>