未勝利戦を考える

みなさん、こんにちは。
僕のサイトのポリシーはコチラです→→ 【サイトポリシー】
これからもよろしくお願いします☆
【未勝利戦】 
最近未勝利戦が非常に気になります。
というのも、未勝利戦を含めた午前のレースはどうも断然1人気馬(~2.5倍)が
多い気がするのです。
そして、その人気馬をアテにして良いものか気になるのです。
実際重賞などの断然人気馬は基本的には「買い」でしょう。
それだけの実績を残してきているだけに、断然人気に推されているのでしょうし、
またその馬に関する判断レース数も多いように思います。
しかし、未勝利戦で断然人気を背負うとはどういうことなんでしょうか。
確かに強い馬から抜けていくのですが、はたしてその人気に見合うだけの
強さをもっているのでしょうか。
たとえば先週末(土日)に中山阪神小倉で行われた未勝利戦(障害除く)は、22戦あります。
そのうち断然1人気馬(~2.5倍)が存在したレースは12戦ありました。
その結果は【6・4・0・2】。勝率はちょうど50%です。これをどう見るか。
「2回に1回勝つオッズが2.0倍なんだから、妥当だな」と思われるかもしれません。
しかし僕は「全然勝ってない」と思います。
圧倒的人気馬を1着で買う馬券と、その人気馬を2.3着で買う馬券。
的中率的にはそう大差ないということです。
しかし、配当は?
配当は結構な差があります。
このサンプルでは3着はありませんでしたが、3着になどなろうものなら単系は荒れるでしょう。
さすがに3着を外すケースはレアなので、複系の馬券に旨味はなさそうですが、
単系の馬券には旨味が潜んでいる
と思います。
では実際の馬券戦術を考えてみます。
まず断然人気馬(~2.5倍)が存在していて死角が少しでもあると感じた場合、
その馬を対抗○印にします。
そして2人気以下の馬から本命◎を見つけ出します。
考えられる馬券は2種類でしょうか。
A ◎○2頭軸マルチ3連単(○は23着固定)という馬券。
B ◎1頭軸3連複(○はヒモにせず)という馬券。

Aは基本的には的中すれば万馬券でしょう。
ヒモを6頭にすると、24点になります。
ヒモを1頭増やすごとに買い目は4点増えます。
Bは完全に大穴狙いなのですが、どうでしょう。
初芝や初ダートで断然人気を背負っている馬が飛ぶケースが結構あるので、
そういう場合に使えるのではないでしょうか。
ヒモを6頭にすると15点です。
ただ当たると大きいので、ヒモを8頭くらいまでならアリかもしれませんね(28点)。
あとはローカル開催は当てにくく、荒れやすいです。
これをどうとらえるかですが、個人的にはアテにできるジョッキーが少ないため買いにくいです。
やはり若手やリーディング下位のジョッキーは
「巧い!」と思うことが非常に少ないです

とりあえず結論がよくわかりませんが、今週末は断然1人気馬の行方に
注目してみたいと思います。もちろん未勝利戦限定です。
未勝利の断然人気馬は本当の意味で力があるかは非常に怪しい。
これだけは言えると思います。
★みなさん、これからも当ブログをよろしくお願いします。★
↓よろしければクリックお願いします。大変励みになります↓


カテゴリー: なんでもメモ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>